ENGLISHお問い合せリンク

 菅野 雅紀 - ピアニスト・音楽博士
NEW!! 2016年より 聖徳大学音楽学部 准教授 に着任しました
東京藝術大学を卒業後、同大大学院修士課程を修了(修士論文:『メディア社会における演奏』)。2010年3月、同大学院博士後期課程を修了し博士号(音楽)を取得(博士課程審査論文:『武満徹作品における記譜の諸相とその演奏解釈』)。2006年3月よりドイツ・ラインネッカー文化財団の招きでドイツに留学、同年9月からローム・ミュージック・ファンデーションの奨学生として最高位の成績でハンガリー・リスト音楽院に留学した。
1986年、JPTAピアノオーディション部門賞(最高賞)。1992年、第46回全日本学生音楽コンクール名古屋大会第1位。同年、第3回中部ショパン学生ピアノコンクール金賞、河合音楽奨励賞。1994年、第48回全日本学生音楽コンクール全国大会第1位、野村賞、日本放送協会賞。 同年、第4回中部ショパン学生ピアノコンクール金賞、中日賞。1995年に浄土宗総本山奨学生に選ばれ、同年、第4回丹羽奨励生、1996年には東海学園より学術功労賞を、2003年には旭川新人音楽賞を授与された。2002年、第6回ルドミラ・ネスコヴァ=ハッシー国際ピアノコンクール第1位、2007年、第15回ジャンルーカ・カンポキアーロ国際ピアノコンクール絶対1位、合わせてジャガー賞、エベラール賞。2008年、第25回ポルト国際音楽コンクール第3位など、これまでに数多くの国内外のコンクールで優勝・入賞している。
国内外で演奏活動を行っており、CBC(カナダ国営放送)、NHKなどで放送された。これまでにヒルデスハイム国立歌劇場管弦楽団、ウィーン室内管弦楽団をはじめとする国内外のオーケストラと競演。東京、名古屋、新潟、旭川、スペイン、ハンガリー、ドイツでリサイタルを行っているほか、教育委員会主催のレクチャーコンサートや学校訪問演奏会など、幅広い活動をしている。第15回ショパン国際ピアノコンクールのオンライン速報でも「菅野の輝かしく、遠くまで通る美音」と好評を博したそのタッチには他の追従を許さないものがある。
これまでに、ピアノを佐野翠、米谷治郎、小林仁、渡辺健二、ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ、ジョルジ・ナードル、ルドルフ・マイスター、ケヴィン・ケナーなどの各氏に、音楽学を舩山隆、大角欣矢の両氏、応用音楽学を畑瞬一郎氏に師事。
研究者としても高く評価され、文科省所管の日本学術振興会、科学研究費補助金(若手B)に、ピアニストとして史上初めて採択された。また、講談社・月刊少年マガジンにて連載の「四月は君の嘘」の音楽監修、音源提供を行うなど、活動の幅を広げている。公式Youtubeチャンネルにて音源配信中のほか、同誌誌面でのピアノ講座が好評を博した。
後進の指導にも情熱を注いでおり、各地での公開講座、公開レッスン、特別レッスンは好評を博しているほか、受講生や門下生がコンクールで優勝・入賞している。これまで、ハインリッヒ・フェッター国際青年室内楽コンクール(ドイツ)、JPTAピアノオーディション、PTNAピアノコンペティション、カワイ音楽コンクール、カワイこどもコンクール、日本ピアノ研究会ピアノオーディション全国大会、ルーマニア国際音楽コンクール、東京国際ピアノコンクール、ローゼンストック国際ピアノコンクール、全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会、日本クラシック音楽コンクール全国大会にて審査員も務めている。
PTNA正会員、JPTA正会員。PTNAではフェスティバル委員、JPTAでは関東甲信越支部委員、全国研究大会運営委員、セミナー委員会協力委員を務めている。
東京藝術大学ピアノ科非常勤講師を経て、2016年4月より聖徳大学音楽学部准教授に着任。また、武蔵野音楽大学でも後進の指導にあたっている。